アラフィフのこれよくない?食べ歩きグルメとふるさと納税のブログ

旅行先で訪れた美味しいお店や飛行機に乗るときのちょっとした楽しみ方を週1回程度投稿します。

沖縄観光 名護グルメ おそばやさんなのにトーストをおすすめされる宮里そば

 2月中旬くらいになると日本は東西に広いなぁとあらためて思います。関東でも雪が降ったり、北海道では札幌で雪祭りが開催されたりしていますが、沖縄では早くも桜が咲いています。種類が違うこともあるとおもいますが、本州の桜より色はピンク色が濃く、散る時もヒラヒラと散るのではなく、つぼみがそのままポトって落ちるイメージです。

オリオンビールもこのタイミングにあわせて、春限定のビール「いちばん桜」を販売していたりします。

通常のオリオンドラフトは暑い季節に飲むのに最適な軽めのごくごく飲める味わいですが、こちらのいちばん桜は原料に桜を加えているということもあるのか、色自体に赤みがかかっており、香りや味わいを楽しむような作りになっています。

2月は沖縄もまだ20度を切ったりするので、ごくごくと冷たいビールをのむというようり味を楽しみながら飲むほうがあっているのかなとは思います。

 

今回ご紹介するのは名護の桜の名所名護城址の近くにお店を構えている宮里そばです。

宮里そば (みやざとそば) - 名護市/沖縄そば | 食べログ

ご紹介するお店の基礎情報

店名 宮里そば

住所 沖縄県名護市宮里1-27-2

営業時間 10:00~17:30 

定休日 日曜日

一見するとはいって大丈夫?というような作りになっているのですが、お昼時には大行列ができています。今回14時頃にお店にいったのですが、やはり10人程度が並んでいました。店内に入る前にどういうメニューがあるのかを掲示しています。

そばの名店なので、上段のメニューはよくわかるのですが、下段にはなぜかカレーやスパゲティ、トーストがメニューとして掲示されています。

お店は席が空いたら、入り口に設置されている券売兼で食券を購入し、その席に座っていると食券を回収しにきてくれるスタイルです。かなり年配のおばあ数人でお店をまわしていますので、オーダーの回収までに時間がかかります。

15分ほど並んだ後食券を購入して空いたテーブルにむかいました。

着席までに他のテーブルを眺めていると、トースト頼んでいる人が結構いて、おそばを食べつつ、トーストを箸で持ち上げながら食べています。少し不思議な光景です。

今回、そば(小)500円にソーキトッピング150円を追加をしています。昆布がのっているので、お出汁は昆布出汁を連想すると思うですのが定番のカツオ出汁です。しっかりとおだしがでていて、そこに昆布のうまみが加わりしみじみとしたおいしさです。ソーキは少し小ぶりですが、とても柔らかく煮込まれています。最近のウクライナ情勢やインフレの影響などもあり、ソーキの原価があがり、沖縄のおそば屋さんではソーキを数量限定とかに変えたり、値上げをしたりとで対策をされていっているようです。

 食べすすめていると、テーブルで相席になっていた地元の人から、ここに来たらトースト食べないとダメだよ~って強くおすすめされました。

 

おそば屋さんなのにそばではなく、トースト必食とおすすめされるのって不思議だなぁと思い、とても興味をかき立てられましたが、お腹の具合もあり、今回は断念しました。次回は試してみたいと思います。

ちなみにこんぶそばを頼むとお肉ははいっていませんので、ご注意ください。

tabelog.com

 

このブログでは飛行機の楽しみ方と訪問先でのグルメ情報、ふるさと納税で頼んでよかった物を発信しています。記事が面白い、お役に絶つところがあれば読者登録をいただけると励みになります。