アラフィフのこれよくない?食べ歩きグルメとふるさと納税のブログ

旅行先で訪れた美味しいお店や飛行機に乗るときのちょっとした楽しみ方を週1回程度投稿します。

福岡観光 直方グルメ ジャンボ焼き鳥1串139円、寿司1貫100円 食のテーマパーク びっくり市

 お出かけしたときに買い物が終わって、どこで食事しようって考えるのってちょっと面倒ですよね。特に食料品とかの日用品を週末にまとめて、みたいなことなど、荷物が増えてるからなおさら感があるとおもいます。

 質が良い物が安くまとめて買えて、かつ、その後で食事もいろいろな選択肢がある中から美味しい物をお金をそんなに気にせずに食べることができるというわがままを実現するそんなお店がびっくり市|事業展開|明治屋産業株式会です。

北九州市や福岡市からそれぞれ車で1時間程度の直方市で営業しています。お店自体は1970年代からの営業です。明治屋産業さんはもともと業務用のお肉の卸会社がメイン業務だったこともあり、質のいいお肉を安く手に入れることができるということで人気に火がつきました。

ご紹介するお店の基礎情報

店名 びっくり市    

住所 福岡県直方市大字感田6-1-1

営業時間 金・土・日 9:00~19:00

お店の周りには巨大な駐車場が数カ所あります。土曜日の早めの時間帯にお店に到着することがあったからなのか店舗近くの駐車場にとめることができました。

お店のたたずまいはスーパーやショッピングモールとかではなく、遊園地とかテーマパークのテイストです。

お店は大きくわかるとお肉、野菜、魚の物販スペースと、フードコートのように食事ができるスペース、子供さんが遊べるスペース、屋台用のスペースにわかれています。

店内の配置が気になるかたはこちらのリンクから店内マップを参照してください。

https://bikkuri.mj-sangyo.co.jp/pdf/floormap.pdf

まずお肉スペースをぐるっと見て回りました。輸入肉や国産のお肉などを、それぞれ豚、鳥、牛とわけて陳列しています。特にBBQ用のコーナーが独立しているのがおもしろいなと思いました。

今回みていて気になったのがこれです

 

どうやって調理したら中まで火が通るのか考えてしまいましたが、その不安を上回るめちゃめちゃ安い価格設定です。

お魚コーナーでは地物のお魚だったり、40年暗い前の北九州の市場や魚屋さんではよく売っていたクジラ関係もおかれてりしてます。値段もちょっとびっくりするような価格設定で、地魚の盛り合わせとかが一盛り500円とかの設定になっています。

お腹がすいたので、魚コーナーの奥にあるフードコート側にむかいます。

フードコートに入るところの左型には中華まん専門店があります。

肉まんは1個100円、角煮まんは1個130円。税込みです。こぶりではありますが、肉まんはアンが粗挽きでとてもジューシーです。

フードコート入り口右側には焼き鳥とお寿司のコーナーがあります。

焼き鳥はお値段一部をのぞき基本1串139円です。

たれ焼きが中心ですが、店員さんがどんどん補充をかけています。種類も20種類以上あるような感じです。サイズ感がでていないですが、串自体も普通のお店でうっているものに比べるとはるかに大きなサイズです。

焼き鳥はプラスチックのタッパー状のものに自分の好きな物を選んで、集中レジに持っていくスタイルです。すぐにタッパーからあふれそうになるので、個人的にはもう少しおおきなものを用意した方がいいんじゃないかと思いました。

焼き鳥を一通りえらんで集中会計でお金をはらいます。焼き鳥とお寿司、どちらも一太郎さんってお店がメインで営業をしています。

お魚はお買い物用としての柵やアラももちろん売っています。

お刺身の盛りやお寿司の盛り合わせ、巻き寿司などもならべられています。

メインはお寿司のバイキングスタイルです。基本1貫100円。中トロなんかはやっぱり100円だとつらいみたいで、2個くらいまでにしてくださいというような注意書きが書かれていました。

さらにびっくりなのが、ラップ寿司とかかれたコーナーでこちらだと一貫48円。サーモンとかもあり、信じられない価格設定です。

お寿司もあれこれ買ってフードコートの席に向かいました。

フードコートの中には、焼き鳥、お寿司以外のニーズにも応えるためにビビンバやカレー、担々麺やうどん、豚足など沢山の種類が破格値で陳列されています。

今回はじめてびっくり市に来たのですが、この構成が分かっていたら、焼き鳥やお寿司の取る数を少なめにして、他のものにもチャレンジできなのになぁと思いました。焼き鳥を6串(139円*6)、お寿司を5貫(100円*5)、豚まん(100円)を一つ食べたお腹ぱんぱんになったのですが、それでも値段は1434円(税込み)でした。

フードコートには家族連れがとても多かったのですが、美味しい物をお腹いっぱい食べてみなさん笑顔でいるのが印象的でした。

 

このブログでは飛行機の楽しみ方と訪問先でのグルメ情報、ふるさと納税で頼んでよかった物を発信しています。記事が面白い、お役にたつところがあれば読者登録をいただけると励みになります。